クラチャイダム 動脈硬化 効果

クラチャイダムの動脈硬化予防の成分とは

クラチャイダム 動脈硬化

 

動脈硬化を生じさせる原因とは、一つは活性酸素による血管組織の老化・劣化による収縮で、血管の弾力性が弱まる事で生じます。これを細胞の酸化といって、特に活性酸素の濃度が高い血中で活発に起こるのです。また活性酸素は血中のコレステロールを悪玉化させます。悪玉化したコレステロールは血管壁に粘着して、血管内の幅を狭めていきます。これが動脈硬化に発展するという訳です。

 

同時に不摂生な食習慣・生活習慣が、血液自体を脂肪まみれのドロドロ状態にしてしまいますから、このダブルパンチで血行はどんどんと悪化していきます。そこでポイントとなるのが活性酸素の除去と、硬化していく血管組織を修復する作用です。

 

完全に動脈硬化を起こしてしまわないうちに、まずはポリフェノールとセレンを豊富に含有しているクラチャイダムを摂取して、その優れた抗酸化作用を利用して活性酸素を分解してしまいましょう。クラチャイダムにはブルーベーリーの3倍にも及ぶアントシアニンが含有されていますし、クルクミンや8種のフラボノイドも活性酸素除去に効果的です。

 

血管の酸化を防いでアミノ酸で修復!

 

またクラチャイダムならアルギンやBACC系アミノ酸、その他必須アミノ酸の含有に優れています。これらアミノ酸は血管修復の原材料となり、過不足のない摂取が動脈硬化予防に有効です。

 

その点で、現代の食習慣は炭水化物と糖質が中心で、肝心のタンパク質やミネラル・ビタミンの摂取が全く足りていません。ですから、せめてクラチャイダムを毎日服用して不足分を補う事が得策でしょう。そしてアルギニンの摂取によって、低下傾向にある男性ホルモン・テストステロンの分泌を活性化させる事ができます。

 

ホルモン分泌が高いと、それだけ細胞分裂が活発化して、血管の回復に効果的です。またアルギニン自体に血管の拡張作用があって、それも血流アップに役立ちます。

 

クラチャイダムにはショウガオールがたっぷり!

 

クラチャイダムの和名は黒ショウガで、一般御ショウガよりも大量のジンゲロール・ショウガオールを含有しています。この辛み成分・ショウガオールは体内燃焼率を高め、体温を上昇させる効果があります。

 

もし体温が0.5度アップすれば、それで血流アップして冷え症が解消する方がたくさんいるとされています。それ程今の人は血管力が低下しているという事で、クラチャイダムのニーズが高いのです。要するに体の隅々まで熱を発生させて、毛細血管の血液循環を促進させる事ができるのです。

 

この血流アップは新陳代謝の向上に繋がります。この血管の若返り効果は動脈硬化予防の良策だと言えるでしょう。

比較ページへのリンク画像