クラチャイダム 20代

クラチャイダムを20代から摂るべき3つの理由とは

クラチャイダム 20代

 

クラチャイダムは精力増強剤として用いられることが多いので、どちらかというと40代や50代の中年の男性が使用するというイメージがあることでしょう。確かに中年にさしかかって勃起力に不安が出てきたという方にはぴったりのサプリメントです。

 

しかしクラチャイダムは20代から飲み始めても良い効果を得ることができるのです。まだ20代のうちからクラチャイダムを飲み始めるメリットについて見てみましょう。

 

成長ホルモンは20代から低下

クラチャイダムを飲むと成長ホルモンの分泌が促されて、筋肉がつきやすくなったり性機能が向上したりと多くの効果を経験することができます。しかし成長ホルモンは若いうちにずっと分泌されるわけではなく、20代に入る手前でピークを迎えそれ以後は減少していってしまうのです。

 

成長ホルモンの分泌のピークは13歳から17歳ほどと言われており、それから20代に入ると徐々に低下していってしまいます。つまり40代になって成長ホルモンが本当に少なくなってしまってからクラチャイダムを飲んでもその効果は限定的になってしまうケースがあるのです。

 

一方で20代でまだ成長ホルモンの分泌がかなりあるうちにクラチャイダムを飲んでおけば、成長ホルモンの減少を抑えることができるのです。

 

筋肉が落ちるのも20代から

成長ホルモンの分泌と似ていますが、筋肉が落ち始めるのも20代からです。筋肉がつくかどうかは成長ホルモンが大きく関係しているので当たり前なのですが、20代後半になると運動不足の生活をしている人は特に筋肉が落ちやすく、つきにくくなります。20代以降は年間約0.7%ずつ筋肉が落ちていきます。

 

これが50代になるとさらに加速し、年間約1.0%ほどになります。筋肉が落ちてしまう前に、筋トレなどで筋肉をつけようと思っている方はクラチャイダムを飲めば効率的です。

 

クラチャイダムの効果はさらに持続

勃起力の低下に悩んでいる私達のような中年男性がクラチャイダムを飲むと、勃起力がアップするといった効果を得ることができます。20代の方がクラチャイダムを飲んでもその効果は同じです。

 

もちろん40代・50代の方よりもさらに効果が早く出ますし、効果が長続きします。若い方が期待するようなペニスの増大効果は見込めませんが、勃起の持続力に関してはかなりの効果を期待できるでしょう。

 

20代のような若い方でもクラチャイダムを飲む理由はたくさんあります。ぜひまだ若いからといって敬遠せず一度試してみるのはいかがでしょうか。

比較ページへのリンク画像